読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西向きベランダ担当のブログ

俺んちのベランダ担当の俺が、俺のために俺と植物との日々を綴る

俺のマテバシイ

2017/5/8(月)晴 0% 27℃/16℃ 4:43-18:33【花粉:少ない】

今日は暑かった。久しぶりに出勤したオフィスでは今シーズン初めて冷房が入ったのだが、大型連休明けのクールダウンにちょうど良い気がした。

 

さて、ここのところ連休ということもあって、よこはまフェアネタが続いたが、今日は俺のベランダネタを。

このブログに写真が登場するのは初めてだと思うが、俺はマテバシイを育てている。

いわゆるどんぐりの木である。

f:id:dy2012:20170508234411j:plain

 今、背丈は40センチ程に育っただろうか、拾ってきたどんぐりを植木鉢に埋めたのが2014年の10月だからかれこれ2年半ほどの付き合いになる。

 

 


秋に公園などに出かけると、子供達はせっせとどんぐりを拾い集めるものだ。

 

そして子供は拾ったどんぐりを家に持ち帰り親に報告をする。場合によってはそれをプレゼントだと言って親に渡したりする。

 

親からの自分の労働成果に対する承認欲求、あるいは親が貰って嬉しいはずだと考えたゆえの親孝行、他者貢献欲求の芽生えといったところだろうか。

 

渡された親はそのどんぐりを少しの間は器に入れて飾ったりもするが、そのうち季節が変わる頃にはその処遇について悩み始め、最終的には虫が湧くと良くないからなどというもっともらしい理由をつけて棄ててしまったりするのが常だろう。

 

ま、よくある話で、子供を持つ親であればこういう経験に思い当たる人が少なくないのではないだろうか。

 

うちもそんな感じだった。俺は我が子が一生懸命に拾って持ち帰るさまが健気で愛おしく感じられ、ふとどんぐりを育てることを思いついた。

 

子供と一緒に育てる過程を楽しめればと思ったのだ。そのうちベランダでは持て余してしまうくらいの大きな木になるのだろうが、今はまだ時間はたくさんあるのでゆっくり考えながら過ごそうと思っている。

 

というわけで、このマテバシイは俺にとっては特別な存在であるからして、大規模修繕工事であっても、実家に疎開させることもせずうちに置いたままにしている。工事がない日にはベランダに出し、工事の日には部屋に取り込みなどと少々忙しないが、ひと鉢くらいはなんてことない。

 

探してみたら以前撮った写真が出てきた。土に埋める前にしばらく水につけていたことを思い出した。2014年10月5日だ。 

f:id:dy2012:20170508234413j:plain

 

土に埋めたのは2014年10月13日だった。

f:id:dy2012:20170508234412j:plain

 

2015年6月27日。発芽からまもなく。

f:id:dy2012:20170508235533j:plain

 

上の写真と同じ日。このころはとても可愛かったな。

f:id:dy2012:20170508235534j:plain

 

2015年7月10日。全部で4つ発芽した。こちらの3本の木も今だに元気だ。こちらは実家に疎開させている。

f:id:dy2012:20170508235535j:plain

  

以上、今日はそんな俺の大事なマテバシイの紹介をしてみた。