読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西向きベランダ担当のブログ

俺んちのベランダ担当の俺が、俺のために俺と植物との日々を綴る

ようやくオリヅルランを買えた

2016/09/17(土)曇後雨 50% 29℃/23℃ 5:25-17:46

今日やったこと

曇後晴だった。予報は当たらず。この時間まで雨は降っていない。

 

まず、ビオパンについて。

2016年9月17日のビオパンの状況

2016年9月17日のビオパンの状況拡大版

久しぶりに写真をあげてみたが、ビオパンはこのような状況である。

16日目で21/30の発芽、70%に到達。

発芽に要する時間というのは、これ程までにばらけてしまうものなのか。。。

そろそろ次のステップの準備をしないとだな。

 

さて、休日の今日は、久しぶりにお馴染サカタさんの「サカタのタネ ガーデンセンター 横浜」に行ってきた。

www.sakataseed.co.jp

 

このお店に到着すると、「球根・種売り場」をさらっと眺めるところから始めるのがお決まりのコースなのだが、この「球根・種売り場」がまったく油断ならないエリアなのである。

軽くウォーミングアップ的にふらっと足を踏み入れたら、たいていの場合においてその足元をすくわれる。

今日なども、全く何も考えずに足を踏み入れた俺の目の前に現れたのは、大量の春咲きものの球根たちの出迎えだった。

多少なりとも想像力を働かせれば、この時期にこういった出迎えを受けるのは事前に分かったはずだった。それなのに久しぶりのサカタさんということもあり、俺は極めて無警戒だったった。

 

結果、大量の球根を目の前に俺の心は一瞬で舞い上がり、まだこれからの園芸計画を立てていないにも関わらずいくつかの球根を買ってしまった。

 

サカタのタネ」という名前、やはり伊達ではない。俺ごときが偉そうに言える分際でもないことではあるが、彼らタネや球根の売り方を熟知していやがる。そんなことを考えながらレジで会計を済ませた。

 

 

ところで、今日の俺のメインターゲットは「オリヅルラン」だった。

 

実はここ一か月以上になるのではないだろうか、近所の花屋に行くときは毎度オリヅルランの姿を探していた。

 

何故欲しかったのかというと、、、ベランダーの中の俺の仕事テーブルの上に載ったその姿が魅力的だったからである。それと、陽だまり屋の8月21日の放送も少し影響している。簡単に育てやすそうだった。

 

陽だまり屋|趣味の園芸50th|くらしのパートナー:あなたの毎日の暮らしを豊かにするEテレ(NHK教育テレビ)の生活実用番組ポータルサイトです。

 

しかし、いつまでたってもその花屋にオリヅルランが置かれることはなかった。もうひとつ近所にあるホームセンターにもその姿は見られなかった。

 

あるいはだが、置かれなかったのではなく、置かれても俺より先に他の客に買われてしまっているのではないか、、、そんなふうにさえ思うようになってしまった。きっと、みんなベランダーに影響を受けているのだろうと、そんな想像をしていた。

 

 

今日、ふいに購入した球根を手に俺は、改めて気を取り直し冷静に店の中でターゲットを探した。

 

そしてターゲットはすぐに見つかった。サイズ的にも小ぶりの鉢は理想的だったので、なんの迷いもなく購入することができた。

 

帰宅後さっそく我が家のダイニングテーブルに置かれた、子株がふたつ付いた可愛らしいオリヅルランがこの写真である。

 

俺の家にやってきたオリヅルラン

 

最悪今回も出会えないことも覚悟していたが、とてもあっさりと出会うことができた。

さすがのサカタさんである。